TOPIK韓国語能力試験 授業

topik_main

“外国人による韓国大学への入学、韓国企業への就職, 国籍取得のための必要用件である”TOPIK韓国語能力試験”のための授業!”

  • 1人でTOPIK韓国語能力試験の勉強をするのは大変、また準備期間が足りないという方の、お悩み解決!
  • TOPIK韓国語能力試験の専門講師と一緒に問題領域別の細かい整理と、実践問題に挑戦!
  • 致命的な弱点を決定的な強みにして、最短合格!

短期TOPIK韓国語能力試験合格

topik_ja

TOPIK韓国語能力試験 1対1の授業

1対1のカスタマイズ可能な授業で行われ、TOPIK韓国語能力試験の読解、リスニング、作文の領域別に、受講生の弱点を集中的に攻略いたします。受講生が短期間でTOPIK試験に合格できるように、TOPIK韓国語能力試験の専門講師に集中的に教えていただき、目標達成のお手伝いを致します。

授業料

使用方法 : 例えば、4時間を申し込んでいただいた場合、1日に全て使用するのではなく、1日最小1時間から希望の曜日と時間を選択可能

トピック韓国語能力試験 (4時間)

トピック (1:3)

9,400円

トピック (1:2)

10,500円
  • 入学金 : トピック (1:3) / トピック (1:2) : 2,000円
  • 教材費 : 受講生 選択
  • 最短時間は4時間になりますが、それ以上のお申し込みも可能です。
  • 15時間以上のお申し込みについては15%の割引があります。
  • 上記の時間は期間に関係なく使用できる、総授業時間となります。
  • 希望の曜日と時間に1時間から受講可能です。
  • 教材は受講生自身が選択することも可能ですし、学院内で印刷することも可能です。
*韓国ウォンの割引価格は現在韓国にお住まいか、直接訪問されて申請された場 合に適応されます。
2名 95,000ウォン → 93,000ウォン
3名 80,000ウォン → 78,000ウォン
15時間 425,000ウォン → 405,000ウォン

トピック韓国語能力試験 1:1

4時間

13,500円
  • 入学金 :トピック  3,000円
  • 教材費 : 受講生 選択
*韓国ウォンの割引価格は現在韓国にお住まいか、直接訪問されて申請された場 合に適応されます。
4時間 138,000ウォン → 118,000ウォン
8時間 248,000ウォン → 228,000ウォン
15時間 425,000ウォン → 405,000ウォン

TOPIK 韓国語能力試験 グループ授業

  • TOPIK韓国語能力試験の読解、リーディング、作文の部門別による、試験過去問題の傾向と詳細を把握し、効率的に高得点を取ることが出来るようにお手伝いいたします。
  • TOPIK韓国語能力試験専門講師の分かりやすい説明と完璧な復習方法で、試験準備は確実に、安価なTOPIK韓国語能力試験学校です。
期間 2週 3週 1ヶ月 
総 授業時間 9時間 13.5時間 18時間
授業の曜日 月, 水, 金
(祝日に応じて変更有)
授業時間 17:30~19:00
TOPIKレベル TOPIKⅡ
(TOPIK3,4,5,6級)
クラス当たりの人数 平均 8~10名
(最大 20名)

授業料

トピック (グループ)

2週間(9時間)

13,500円

3週間(13.5時間)

16,500円

1ヶ月(18時間)

19,500円
  • 入学金 : なし
  • 教材費 : 300円
  • 試験4週前、または8週前から授業が始まり、途中から授業に参加することも出来ます。(最少人数4人から可能)
  • 最少人数4人から開講され、4人未満の場合は時間が縮小され、個人授業に変更になります。
*韓国ウォンの割引価格は現在韓国にお住まいか、直接訪問されて申請された場 合に適応されます。
2週間 155,000ウォン → 135,000ウォン
3週間 185,000ウォン → 165,000ウォン
1ヶ月 215,000ウォン → 195,000ウォン

TOPIKとは?

試験の目的

  • 韓国語を母国語としない在外韓国人·外国人の韓国語学習の方向提示と韓国語の普及拡大
  • 韓国語の能力を測定·評価し、その結果を韓国国内の大学留学や就職などに活用

受験対象

韓国語を母国語としない在外韓国人および日本人にうち

  • 韓国語学習者および国内大学への留学希望者
  • 国内国内外の韓国企業および公共機関への就職希望者
  • 外国の学校に在学中または卒業した在外韓国人

有効期間

  • 成績発表日より2年間有効

主管機関

  • 教育部国立国際教育院

試験の活用事例

  • 政府招請外国人奨学生の進学および学士管理
  • 外国人および12年間外国教育課程を履修した在外韓国人の韓国国内大学および大学院への
  • 韓国企業就職希望者の就職ビザ獲得および選抜、人事基準
  • 医師資格を保有する外国人の韓国国内免許の認定
  • 外国人の韓国語教員資格試験(2~3級)の受験資格の取得
  • 永住権取得
  • 結婚移民者ビザの取得

評価ランク

区分 合格
TOPIK I 1級 80点 以上
2級 140点 以上
TOPIK II 3級 120点 以上
4級 150点 以上
5級 190点 以上
6級 230点 以上

試験問題の構成

レベル別構成

試験レベル TOPIK I TOPIK II
時間 1時間目 1時間目 2時間目
領域
(時間)
リスニング
(40分)
読解
(60分)
リスニング
(60分)
作文
(50分)
読解
(70分)
形式 四択 四択 四択 記述式 四択
問題数 30 40 50 4 50
配点 100 100 100 100 100
配点総計 200 300

問題形式

  • 四択問題
  • 記述式(作文)
    – 文章完成型(短答): 2問
    – 作文型(中級レベルの200字~300字程度の説明文1問、上級レベルの600字から700字程度の論述分1問): 2問

作文問題の評価範囲

試験問題 評価範囲 評価内容
51-52 内容および課題の遂行 提示された課題に合った適切な内容であるか。
言語の使用 語彙や文法などが正確に使用されているか。
53-54 内容および課題の遂行 提示された課題を忠実に遂行しているか。
トピックに関連する内容で構成されていたか。
提示された内容を豊富で多様に構成しているか。
展開構造 文の構成が明確で論理的であるか。
文の内容に応じて、段落構成が正しく行われていたか。
論理展開に役立つ談話表示を適切に使用しているか。
正しく接続されていたか。
単語の使用 文法と語彙を多様で豊かに使用し、また適切であるか。
文法と語彙を選択して使用しているか。
文法、語彙、スペルなどが正しいか。
文の目的と機能に応じ、格式の合わせて文章書いたか。

ランク別評価基準

試験レベル 評価基準
TOPIK I 1級 -‘自己紹介、買い物、メニューの注文’など生活に必要な基礎的単語能力があり、 ‘自分、家族、趣味、天気’など、個人的で馴染みのある話題に関–連した内容を理解し表現することができる。
-約800の基礎語彙と基本文法について理解し、簡単な文章を作ることが出来る。
-簡単な生活文と実用文を理解し構成することが出来る。
2級 -‘電話をする、頼みごとをする’などの日常生活と’郵便局、銀行’などの公共機関を利用するのに必要な言語能力がある。
-約1,500~2,000を利用して、個人的で馴染みのある話題に関する文章を理解し、使用することが出来る。
-TPOに応じた言語の使い分けが出来る。
TOPIK II 3級 – 日常生活を送るのに、特別困難を感じることがなく、多様な公共施設の利用と社会的関係の維持に必要な基礎的言語能力がある。
– 馴染みのある具体的な内容はもちろん、本人にが使い慣れた社会的内容に関する文章を表現したり、理解することが出来る。
– 文語と口語の基本的な特性を区分し、理解し使用することができる。
4級 – 公共施設の利用と社会的関係の維持に必要な単語能力があり、一般的な業務遂行に必要な言語能力をある程度備えている。
– また、’ニュース、新聞記事’などの平易な内容を理解することができる。一般的な、社会的·抽象的素材題材を、比較的正確で流暢に理解し使用することが出来る。
– よく使われる慣用的表現と代表的な韓国文化について理解を基に、社会·文化的な内容を理解し使うことが出来る。
5級 – 専門分野での研究や業務遂行に必要な言語能力をある程度備えている。
– ‘政治、経済、社会、文化’全般にわたり、馴染みの薄い内容に関しても理解し使用することができる。
– 会話および文章において、状況に応じて、言語を適切に使い分けることができる。
6級 – 専門分野での研究や業務遂行に必要な言語機能を、比較的正確で流暢に活用できる。
– ‘政治、経済、社会、文化’全般にわたり馴染みの薄い主題に関しても利用し使うことができる。
ネイティブスピーカーの水準には至らないが、機能の実行や意味の表現には困難を感じない。。

トピック(TOPIK)授業日程

topik-ja