韓式料理師資格証コース

license-in-korean-cuisine

” 韓国語勉強もしながら韓食料理師資格証を取りましょう~”

韓国政府で公認する韓食料理師資格証コースでございます。総2ヶ月コースで韓国代表の料理学院で養成課程を終えた後、1次筆記、2次実技試験を通して資格証が取得できます。料理過程とは別途として韓国語個人レッスンで筆記試験の準備を行うプログラムでございます。

1:1韓国語授業+料理養成過程+韓食料理師資格試験+友達紹介+グローバルパーティー

過程概要

時間 スケジュールや曜日回数はその都度変更あり 週5回1日2時間
調理師 養成過程 韓国語 個人レッスン
(筆記試験準備)
韓国人の友達紹介
調理師 養成過程 韓国語 個人レッスン
(筆記試験準備)
韓国人の友達紹介
調理師 養成過程 韓国語 個人レッスン
(筆記試験準備)
韓国人の友達紹介
調理師 養成過程 韓国語 個人レッスン
(筆記試験準備)
韓国人の友達紹介
調理師 養成過程 韓国語 個人レッスン
(筆記試験準備)
Global Party

* 状況によってスケジュールが若干変更になることもあります。
* Global Partyは状況によって開催されないこともあります。

スケジュール


1週目 2週目 3週目 4週目
韓国語レッスン料理養成過程 韓国語レッスン修了
料理養成過程


5週目 6週目 7週目 8週目
料理養成過程修了 1次筆記試験 2次実技試験 2次実技試験

プログラム参加費用

2ヶ月

285,000円

– 教材費は別途

志願資格

韓国語が上級で韓国語を読む、書く、話しが可能な方(授業はすべて韓国語で行われます。)

試験の情報

  • 筆記試験
    – 100点を満点とし、科目40点以上、全科目平均60点以上
    – 客観式4枝選択形式、科目20問項(30分)
    – 内容:①食品衛生関連法規 ②食品学 ③調理理論及び原価計算 ④公衆保健学
    – 毎回一般的な問題が出題されるので、簡単な暗記で試験の合格が可能なレベル
  • 実技試験
    – 韓食調理作業、作業形式 (2時間)
    – 100点を満点とし、60点以上
  • 施行先
    – 韓国産業人力公団
  • 試験に不合格した場合
    – 申請者の個人能力により、合格の可否が決定されるため、必ず合格証の保証はできかねます。
    – 1次筆記試験に不合格した場合、再試験可能、申請費は別途でございます。
    – 2次実技試験に不合格した場合、再試験可能、申請費は別途でございます。
    – 2ヶ月コース中でも試験に合格できなかった場合は、別途で延長が可能です。

プログラムの特徵

韓国語 個人レッスン 1:1方式で総4週間(40時間)料理師筆記試験中心で専門学習の本で反復学習をします。一般的に筆記試験は反復される問題の出題の連続ですので、短期間で合格できるよう集中授業をさせて頂きます。
調理師養成過程 韓国人達と小グループで一緒に実技中心に料理実習教育を受けます。 51種類の韓食を5週間直接作りながら試験の準備をします。
韓国人の友達紹介 充実した韓国生活が送れるよう韓国人の友達をご紹介します(1回)。年齢・性別など、希望する相手の条件を指定することができます。友達を作ってランゲージエクスチェンジ・ショッピング・旅行など、楽しい留学生活を送りましょう。
Global Party 毎月1~2回金曜日(19:00~21:00)に、韓国人やその他の様々な国の人達と交流できる文化交流パーティーが行われます。グローバルラウンジ で、毎回多様なコンセプトで開催され、ソウルの夜景も鑑賞できる他にはない特別なパーティーです。
日韓交流会 毎月1回金曜日(19:00~)に、日韓交流会が行われます。 楽しく会話をしながら韓国語会話力の向上を目指します。参加する度に新しい友達ができ、授業では学ぶことのできない韓国語文化を学ぶこともできます。